Win8の画面がちらつく原因を探す!

Windowsで通常の操作を指定てなんだかフォーカスがへんなところに一瞬うごいたりして、文字入力がキャンセルされたことありませんか?とくに開発系のソフトウェアをインストールしているとけっこうおきてしまいます。なんらかのサービスが邪魔している、という判断でよいとおもいます。

 

その原因を突き止め方をメモしておきます。

まずは、タスクマネージャーでフォーカスが移動するタイミングで何が動いているかを探し出します。一瞬フォーカスが変わるような現象だとタスクマネージャーでも一瞬です。動体視力を鍛えないといけないかもしれませんね。さておき、一瞬でも見えればラッキーです。そのサービスを停止してしまいましょう。

サービスの停止には、タスクマネージャーからは、現在の起動中のみ停止するしかできませんが、次回起動時も停止させるには、[msconfig]で設定します。

コマンドプロンプト([Winキー]+[R]で起動)からmsconfigと入力し、Enter。

以下の画面が表示されます。

servicelist

システム構成のサービスタブから、タスクマネージャーで見つけた名前のところのチェックボックスを外し、「適用」ボタンで完全に起動しなくなります。

今回自分のPCで問題だったのは、[Web Farm Controller Service]でした。これが起動を試みるも失敗していました。失敗するときにフォーカスが移動していたようです。

これを無効にすることでうまくいきました。

 

どうしてもタスクマネージャーではわからない場合は、チェックボックスをひとつづつ外すというのも手かもしれませんね。

また、このサービスの問題ではないかもしれませんので、一度一気に外してみて症状が治るようでしたら、ひとつずつ確認してみてはいかがでしょうか。

Msconfig

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。