Office365をコマンドラインで管理する

Office365へWindows Power Shellから接続し、コマンドラインで実行可能日する方法。

アクセス権の設定など一気に行いたい場合は、テキストで作成して一気に実行できるので便利です。

手順のメモです

Windows Power Shellを管理者として実行

Power Shellを右クリックすると「管理者として実行」とあるのでそれです。

$UserCredential = Get-Credential

認証情報を求めれられるのでOffice365へのアカウント情報を入力します。(管理者権限のあるアカウント)

$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session
Set-ExecutionPolicy RemoteSigned

動作確認です。

以上でエラーが出ていなければ問題なくコマンド実行できます。


以下参考資料

■ PowerShell 導入について

1. PowerShell 初期導入手順

Title : Office 365 リモート PowerShell の構成手順 (Exchange Online)
URL : http://community.office365.com/ja-jp/f/333/t/315288.aspx

2. リモート PowerShell による Exchange への接続
URL : https://technet.microsoft.com/ja-JP/library/jj984289(v=exchg.150).aspx

■ユーザーに対し [参照者(Reviewer)] 権限を付与する

[構文]

Add-MailboxFolderPermission -Identity "&lt;アクセス権の付与元のユーザーのメールアドレス&gt;:\予定表" -User "<アクセス権の付与先のユーザーのメールアドレス>" -AccessRights <アクセス権限の種類>

[実行例]

Add-MailboxFolderPermission -Identity "UserA@contoso.com:\予定表" -User "UserB@contoso.com" -AccessRights Reviewer

※上記のコマンドレットを実行した際にエラーが表示される場合がございます。
[エラーメッセージ]
‘UserA:\予定表’ が見つからなかったため、操作を実行できませんでした。というエラーが発生した場合は、コマンドレット内の 予定表
部分を Calendar に変更して実行します。
※すでにアクセス権限が付与されている場合は冒頭の [Add] を [Set] に変更して実行します。

■すべてのユーザーに対し [参照者(Reviewer)] 権限を付与する

[構文]

Set-MailboxFolderPermission -Identity "&lt;対象のユーザーのメールアドレス&gt;:\予定表" -User "既定" -AccessRights &lt;アクセス権限の種類

[実行例]

Set-MailboxFolderPermission -Identity "UserA@contoso.com:\予定表" -User "既定" -AccessRights Editor

■設定したアクセス権限を確認する

[構文]

Get-MailboxFolderPermission -Identity "&lt;対象のユーザーのメールアドレス&gt;:\予定表" | fl User,Accessrights

[実行例]

Get-MailboxFolderPermission -Identity "UserA@contoso.com:\予定表" | fl User,Accessrights

■参考情報

アクセス権限の種類
  1. Owner (所有者) :
    CreateItems、ReadItems、CreateSubfolders、FolderOwner、FolderContact、FolderVisible、EditOwnedItems、EditAllItems、DeleteOwnedItems、DeleteAllItems
  2. PublishingEditor (発行編集者) :
    CreateItems、ReadItems、CreateSubfolders、FolderVisible、EditOwnedItems、EditAllItems、DeleteOwnedItems、DeleteAllItems
  3. Editor (編集者) :
    CreateItems、ReadItems、FolderVisible、EditOwnedItems、EditAllItems、DeleteOwnedItems、DeleteAllItems
  4. PublishingAuthor (発行作成者) :
    CreateItems、ReadItems、CreateSubfolders、FolderVisible、EditOwnedItems、DeleteOwnedItems
  5. Author (作成者) :
    CreateItems、ReadItems、FolderVisible、EditOwnedItems、DeleteOwnedItems
  6. NonEditingAuthor (非編集作成者) : CreateItems、ReadItems、FolderVisible
  7. Contributor (寄稿者) : CreateItems、FolderVisible
  8. Reviewer (参照者) : ReadItems、FolderVisible
  9. None (なし) : FolderVisible
  10. LimitedDetails (詳細情報の一部) : 空き時間情報、件名、場所
    (予定表共有の場合のみ、予定表イベントの空き時間情報、件名、および場所の参照)
  11. AvailabilityOnly (空き時間情報のみ) : 空き時間情報 (予定表共有の場合のみ、予定表イベントの空き時間情報の参照)
各 [アクセス許可] に付与されている動作の詳細は、以下の通りとなります。
  1. ReadItems: ユーザーは指定されたフォルダー内のアイテムを読み取る権限を持っています。
  2. CreateItems: ユーザーは指定されたフォルダー内にアイテムを作成する権限を持っています。
  3. EditOwnedItems: ユーザーは指定されたフォルダーで自分が所有するアイテムを編集する権限を持っています。
  4. DeleteOwnedItems: ユーザーは指定されたフォルダーで自分が所有するアイテムを削除する権限を持っています。
  5. EditAllItems: ユーザーは指定されたフォルダーのすべてのアイテムを編集する権限を持っています。
  6. DeleteAllItems: ユーザーは指定されたフォルダーのすべてのアイテムを削除する権限を持っています。
  7. CreateSubfolders: ユーザーは指定されたフォルダーにサブフォルダーを作成する権限を持っています。
  8. FolderOwner: ユーザーは指定されたフォルダーの所有者です。
    ユーザーは、フォルダーを表示および移動し、サブフォルダーを作成する権限を持っています。
    ユーザーは、アイテムの読み取り、編集、削除、または作成は行えません。
  9. FolderContact: ユーザーは指定したパブリック フォルダーの連絡先です。
  10. FolderVisible: ユーザーは指定されたフォルダーを表示できますが、指定したパブリックフォルダー内のアイテムの読み取りまたは編集は行えません。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。