MySQL チューニング方法

mariaDB

MySQLを実行中に時間がかかるなーと思ってた時、以下のコマンドで実行中のSQL文がわかる。現在実行中のものだけなので、DBアクセス中にコマンドを入力する必要がある。

mysql> show processlist;

これで判定で来たらそこのテーブルまわりをよく見直す。特にWHERE句で指定されているフィールド。そのフィールドがIndexに登録されていなければ、登録する。

ほとんどの場合は、これで解決するが、解決しない場合は、my.cnfファイルをチェックすること。メモリの使用量などDBがでかくなればそれなりに対応が必要となる。

 

ちなみに、いまは、MySQLは有償化されたのでmariaDBですね。オープンソースとして使うには。コマンドからなにからすべて同じですので、そのままMySQLと同じように使えます。

今後は徐々に特徴が分かれてくるのかもしれませんね。

[amazonjs asin=”4774170208″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”MariaDB&MySQL全機能バイブル”]

[amazonjs asin=”4797369450″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”基礎からのMySQL 改訂版 (プログラマの種シリーズ SE必修! )”]

[amazonjs asin=”4873116384″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”実践ハイパフォーマンスMySQL 第3版”]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。