LARGEADDRESSAWAREオプション(LAAオプション)

Windows7(or 8)を64bitにしたけれどもその中で動作するアプリケーションは以前の32bit用だったりすることが多いと思います。

その場合に注意しなければならないのは、OSとしてたくさんのメモリを認識していても、アプリケーションは32bit用なので、利用できるメモリも限られているということです。実際には、32bitアプリケーションは2GB程度しか使えません。これを4GBまで拡張できるようにするのが、LARGEADDRESSAWARE(LAA)オプションです。

OPTPiX Labs Blogさんに詳しくありました。

64bit Windowsを前提とした32bitアプリケーション延命法 ~ LAAオプションで32bitアプリケーションのメモリ不足問題を解消

IT Proにもありました。

記者の眼 – Windows 7の64ビット版を選ぶべき四つの理由:ITpro

このLARGEADDRESSAWAREをつかうには、Visual Studioに付属するeditbin.exeが必要です。

editbinに対して、オプションを指定、オプションの適用するアプリケーションを指定とします。たとえばExcelの32bit版に対しては、以下の通り実行します。

editbin /largeaddressaware EXCEL.EXE

 

 

Microsoft Excel
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

今すぐ使えるかんたんEx Excel関数 [決定版] プロ技セレクション[Excel 2013/2010/2007対応版]

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。