無線LAN(Wi-Fi)の脆弱性が報告される。

Wikipedia より。 神戸大学の小澤勇騎・森井昌克、広島大学の大東俊博によって、プロトコルの新たな脆弱性を利用することによりTKIPの鍵を数秒から数十秒で導出し、それを利用して攻撃する新たな中間者攻撃が開発された。彼らによれば、この方法を用いる事によってWPAを利用しているパソコンに不正なパケットを受け入れさせることができる。昨年11月に提案されたTews-Beck攻撃には15分ほどかかり、 […]