2016.07.06 (Wed) Category : technology,WordPress Author :

wordpressの新機能「oEmbed機能」を試す

wordpress4.4から搭載された新機能「oEmbed機能」を試してみたいと思います。

その前にこの機能の説明を簡単に。onEmbedに対応したサイトであれば、以下のように

https://twitter.com/kimoba3/status/749812985271554048
とリンクを書くだけで以下のように表示されます。勝手に。上記は勝手に変換しないようにcodeで囲ってます。

URLだけ貼り付けたいのに、、、ってときは不便ですけどね。

2014.12.10 (Wed) Category : Server,technology Author :

WordPressのドメイン切り替え手順(簡単ではない)

WordPressの引っ越し

WordPressの引っ越し

wordpressを使っているとドメイン変更でも、サブドメインでもとにかく面倒です。CMSなのでそのへんうまくやってくれないのかと思ったりしてますが、そうはいきません。

※このあたりは、バージョンアップしていくなかいつかは自動でやってくれないかと期待してます!

www.sample.co.jp -> www2.sample.co.jpに変更する場合の手順を示します

DB内データの書き換えを行います。
※バックアップ&復元の操作とほとんど同じです。

1.該当するDB内データをすべてSQLにて出力します。(SQL Dump)

データベースのバックアップ – WordPress Codex 日本語版

上記参考。バックアップ手順を参考に。
※一部違うところは圧縮は「なし」を選択してください。次の作業で直接ファイルを開くためです。

※コマンドラインからは、mysqlがインストールされたディレクトリ内にmysqldumpがあります。これを直接実行します。

mysqldump --add-drop-table -u [mysqlのユーザ名] -p [wordpressデータベース名] > dump.sql

※実行後パスワード入力が必要です。
dump.sqlというSQLファイル(テキストファイル)が作成されます。

2.出力したSQLファイル(テキストファイル)から文字列置換を行います。

SQLファイルをPCで開きます。
※コマンドラインから実行している場合は、FTPなどでPCへ取得してください。

文字列置換機能のあるテキストエディタで開きます。(秀丸エディタなど)
古いドメイン名を新しいドメイン名に置換します。
[www.sample.co.jp] -> [www2.sample.co.jp]
3.バックアップファイルから復元
phpMyAdminでは、インポートから上記作成したSQLファイルを選択して実行するだけです。

コマンドラインからは、以下のコマンドを入力します。

mysql -u [mysqlのユーザ名] -p [wordpressデータベース名] < dump.sql(2で文字列置換したもの)

※実行後パスワード入力が必要です。
上記でDBの書き換え終了です。

この時点では、www.sample.co.jpとwww2.sample.co.jpのどちらからもアクセスができない状態です。

DNSを変更していただき、www2.sample.co.jpからアクセス可能になれば、表示されるようになります。

 

DBを直接SQL文にて変更してしまう場合

記事内のデータは、DBに保存されているため、DB内をすべて書き換えればOK。SQLに詳しい方は以下を実行してみましょう。

以下のSQLコマンドでOKです。旧ドメイン=www.sample.co.jp 新ドメイン=www2.sample.co.jp

UPDATE wp_options SET option_value=REPLACE(option_value,"旧ドメイン","新ドメイン") WHERE option_name = 'home' OR option_name = 'siteurl';
UPDATE wp_posts SET post_content=REPLACE(post_content,"旧ドメイン","新ドメイン");
UPDATE wp_posts SET guid=REPLACE(guid,"旧ドメイン","新ドメイン");
UPDATE wp_postmeta SET meta_value=REPLACE(meta_value,"旧ドメイン","新ドメイン");

 

WordPress
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

2013.08.19 (Mon) Category : technology,WordPress Author :

wordpressのget_header(), get_footer(), get_sidebar() を使おう

<?php get_sidebar( $name ); ?>

このように記述すると、実際のテンプレートフォルダ内のsidebar-{name}.phpを参照します。
これは、header,footerでも同様な動き。
wordpress3.0以降は、こちらを推奨とのこと。

そうしないと、functions.phpの関数が呼び出せなかったり不便ですし。

3大「WordPressに慣れていない人がやってしまいがちだけど、こっちのほうがいいのになぁ」って思うこと


こちらを参考にさせていただきました。

2011.10.06 (Thu) Category : technology,WordPress Author :

WordPress アイキャッチ画像

皆さんこんにちは!福原です。

 

ここのところ、イライラが募ってしまいブログを書いたら全て吐き出してしまうのでは!!と思い、ちょっと更新をしていませんでした。

 

さて、今回の内容はWordPressについてです。

WordPressは僕が一番大好きなCMSツールです。

その中でも最近ハマっているのがアイキャッチ画像です。

 

記事内に画像があって、トップページやリスト化したページではその画像を小さくサムネイルのように表示したい!という時に大変便利です。

 

まずは下準備。

 

wp-content → themes →自分のテーマのフォルダ → functions.phpを編集します。

functions.phpをエディターで開いて、一番上の<?phpの下に

if ( function_exists( 'add_theme_support' ) ) {
  add_theme_support( 'post-thumbnails' );
  set_post_thumbnail_size( 180, 227, true ); // サムネイルのサイズ
}

と入力します。

次にアイキャッチ画像を表示させたいPHPのファイルを開き、表示させたい場所に次のソースを書きます。


たったこれだけで完成です!
簡単ですね!

では、また!

PS.
家での酒飲み習慣は完全に克服しました!!おかげで、ウエストが細くなってきました。

2011.09.29 (Thu) Category : Blog Author :

IPhoneから投稿

20110929-183141.jpg

iPhoneから投稿してみてます。
Wordpressというアプリから。

すごいですね。
アプリまであります。

ちょっと前までは、ブログといえば、Movable Type(MT)でした。いまもまだ人気はあるものの、wordpressの勢いは止まらない感じがしますね。

あ、ちなみに、弊社では、どちらも使ってます。構築、テーマ作成、wordpress,MTどちらも制作OKです。
よろしくです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。