2014.07.16 (Wed) Category : Blog Author :

Surface Pro 3はMacBookやiPadにとって最も恐ろしい存在なんてことはない。

Microsoft_Surface_wordmark.svgマイクロソフト Surface Pro 3(Core i7/256GB/Office付き) 単体モデル [Windowsタブレット] 5D2-00015

米マイクロソフト Surface&Windows Hardwareセールス&マーケティング担当ジェネラルマネージャー ブライアン・ホール氏の話だからそうなんでしょうね。

Surface Pro 3はMacBookやiPadにとって最も恐ろしい存在 – インタビュー:ITpro Active
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20140626/567034/?act12

Surface Pro 3も2もスペック的にはすばらしい。なので、私が言うならば、

「Surface Pro 3はiPadにとって最も恐ろしい存在」ですね。

iPadと比較するとやはりSurfaceのほうがいいですね。PCとしても使えるわけですから。タブレット対決であれば、性能面が大きく違ってSurfaceのほうがよいので、Surfaceが最も恐ろしい存在になるでしょう。

PC対決としてみると、MacbookとSurfaceとなりますが、完全にMacbookの勝利でしょう。普通のノートPCですから。膝の上でキーボードが叩けるかどうかってところが重要とおもいます。持ち歩いてて、ちょっと座ってPC開いてなにかする。それがMacbookは快適にできます。Surfaceは、基本がタブレットなので、使うときはスタンドを立てる形で置くので確実にテーブルが必要になります。それを回避するようにタブレット内にソフトウェアキーボードが出るんですが、画面がほとんど見えなくなるので使えません。

なので、私が思うには、単なるタブレットの高性能バージョン、といえます。

ただ、Display Portがあるので、大画面へ接続できるので、ノートパソコンと比較するのではなく、デスクトップパソコンと比較するといいかとおもいます。

Surface Pro 3を購入検討している方は、使うシーンを想像してみて、膝の上でキーを打ちたい、ということは不可能ですので、それ以外で使う想像ができるかたは、購入してもよいと思います。持ち運べるデスクトップPCです。

2014.05.29 (Thu) Category : Blog,News Author :

ドコモ、iPadを6月10日発売

ドコモがついにiPadを発売すると。今度は噂でもなくちゃんとドコモが発表しました。6月10日発売です。
ドコモのホームページ
https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2014/05/28_00.html

前回は噂が先行したため、発売を中止したのではないかと思われるが、今回のタイミングは、新しいiPadが出るタイミングにかなり近い発売時期です。
6月3日午前2時(日本時間)からAppleの恒例WWDC14が開催されます。ここで発表されると噂される新型機。これをドコモでも買えるということでしょう。

あと、ドコモを主回線としていると「パケあえる」がかなりお得感があります。月額2500円で使えることになるようですね。

実はこのプラン、すでにauもsoftbankもあります。が、それらは必ずセットで考えているのでちょっと扱いづらい。(筆者経験談)なんだかんだとドコモがやはり電波の入りは良かったのでうれしいですね。

これでようやくApple製品が主要キャリアすべてで扱ってくれるようになりました。あとは回線品質で選択ですね。

2013.11.13 (Wed) Category : Blog,Others Author :

iPad mini Retinaディスプレイモデル販売開始!

iPad mini Retinaモデル発売開始。アップル正式発表。Cellularは16GB 55,800円~

というニュース。iPad mini Retinaは、技術的にはかなり最先端の技術が必要とのこと。あのサイズでRetinaは、現在販売されているタブレットの中で一番精度が高いと。

これは見逃せないな、と近くのauショップへ足を運んでみた。

すると。。。

「まだ未定ですね。。。」と。ショップの店員まで情報が入ってない模様。端末でなにやら調べられていたがやはり未定ですね。詳しくはauのホームページを見ていただいて判断していただいたほうが良いですとのこと。

ということでHP見ますと書いてありますね。ちゃんと。11月14日(木)発売開始。

ショップの店員も知らないのでもちろん、事前予約はできません。

現在のiPad2をiPad mini Retinaにしようと思ってるんですが、3GからLTEへの変更。さらに800MHzということで、やはりauがいいかなと。

以下、iPad mini スペック情報。

 iPad mini Retinaでは解像度が2,048×1,536ドットに高精細化(従来のiPad miniは1,024×768ドット)。精細度は326ppiでLEDバックライトを搭載。マルチタッチに対応する。外形寸法は 200×134.7×7.5mm(幅×奥行き×高さ)で、従来のiPad mini(200×134.7×7.2mm)よりも0.3mm厚くなっている。重量はWi-Fiモデルが331g(従来308g)、Wi- Fi+Cellularが341g(同312g)。

CPUは64bitのA7チップを採用。M7モーションコプロセッサも搭載。従来モデルと比べ、CPUは最大4倍、グラフィックパ フォーマンスは最大8倍高速化している。無線LAN機能はIEEE 802.11a/b/g/nに対応。外向きのデジタルカメラ「iSightカメラ」は500万画素で、裏面照射センサーを採用。明るさはF2.4。 1080pの動画撮影が可能で、動画手ぶれ補正も搭載。顔検出やタップフォーカス、3倍ビデオズームなどが利用できる。

内向きのFaceTime HDカメラは120万画素で、720p動画撮影が可能。無線LAN、もしくは携帯電話ネットワークを使ったFaceTimeビデオ通話ができる。再生可能 な音楽フォーマットはAAC、HE-AAC、MP3、MP3 VBR、Audible、Apple Lossless、AIFF、WAV。動画フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264の最大1080/60p、ハイプロファイル4.2(最大160kbpsのAAC-LC)など。

OSはiOS 7を採用。センサーはWi-Fiモデルはデジタルコンパス、3軸ジャイロ、加速度センサー、環境光センサーを搭載。Wi-Fi+Cellularモデルは Assisted GPSも搭載する。バッテリの持続時間は、無線LANでのWebブラウジングや、ビデオ再生、音楽再生で最大10時間。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。