2018.01.04 (Thu) Category : Blog Author :

2018年からヒアラブルの時代へ(五感へ)

「ウェアラブル」の中でも「ヒアラブル」というものが注目されています。

AIイヤホン 万能執事 第3部 SFを現実に スマホよさらば  (日経新聞)

 

日本だとNECが開発。NECはカメラで人を認識する技術は有名でしたがこの分野もきましたね。Googleは、昨年11月に発売した「ピクセルバズ」があります。日本ではまだ発売されてないようですが、日本語に対応しているとのこと。

利用するには、Pixel Budsのイヤホンとそれに対応したGoogleの端末「Pixel」が必要です。

 

これらをセットで利用すれば、同時通訳が実現です。

  1. 自分がしゃべった言葉は、翻訳されてスマホから発音。
  2. 相手がしゃべった言葉は、イヤホンで翻訳されて聞こえる。

この精度がどこまで高められるかで、オリンピックのような国際的な行事がある時に、かなり役に立つものになりそうです。

翻訳以外にも、耳の奥に温度センサーの光を当てれば、体温がわかる。常につけっぱなしなわけだから、細かな体温の管理もしやすくなる。体温が下がると免疫力も下がるので、観戦病などの対策にもよいでしょう。となれば医療面からも注目されるでしょう。
問題点がひとつ指摘されているのは、バッテリーの持ち。4~5時間とのこと。だた、このバッテリーについても小型大容量化が進んでいるので、何れ解消されるでしょう。

次世代ITは人の五感

さらに、日経新聞では「次世代ITは人の五感に移行」とあります。

触覚、味覚、嗅覚、聴覚、視覚。

面白いものがどんどん出てきそうですね。

余談

こういったITやAIによって「人類が支配される」と考え恐怖に感じる方がいますが、これは恐怖ではなくて「人類が進化していく」過程であるわけなので希望的感情で受け入れていく必要があります。それらを創造する分野でなくても、利用できるようになることが大事ですね。

 

2011.12.12 (Mon) Category : Blog Author :

google mapで渋滞情報

Google渋滞情報Google Mapに渋滞情報の機能が追加されました。これに伴いiPhoneの「マップ」アプリにも渋滞情報が表示されます。

■低速
■高速

と色で移動速度を表示しています。

 

スマートフォンから収集されるデータをもとにしているようです。Androidのみ収集されているのかと思いましたが、実はiPhoneも思いっきり収集されています。

Androidユーザには、電池切れが激しいためにわりと位置情報を提供する機能を切ることが多いと思いますが、iPhoneでは、あまりそこまで心配してない方が多いと思います。

iPhoneでの位置情報を提供している設定は以下の画面です。

みなさんのおかげでGoogle渋滞情報が成り立ってます。情報を利用される方は、Androidの方でも情報を提供してあげましょう。

 

この機能は、スマートフォンからの情報のため、歩行しているのか、車移動、バイク移動、自転車移動と様々。どこからの情報なのか判定が難しいと思います。道が空いているといってもバイクや自転車の情報が元になっていて違っていたとかあるかもしれません。

公共サービスのVICSも取り入れてより正確な情報に仕上げれればいいですね。

 

また、渋滞情報といえば、私はHONDAの独自渋滞情報がすばらしいとおもいます。実際の車から情報を収集するので。最近のインサイトには通信モジュールが内蔵されているようです。そのほかも内蔵しているのがあるかもしれません。また、ホンダのInternaviに携帯電話を接続していれば、情報を提供しています。

それらの情報を元にした渋滞情報は発信している車の数が増えれば増えるほど制度が上がります。HONDA以外のメーカもぜひ、同じサービスを利用するか、VISCとしてこのサービスを提供するようになればいいですね。

Googleの渋滞は道路ではなく、観光スポットとか、今日はここの観光地が空いてるよ!っていう利用にはよさそうです。歩く人からも情報が取れるので。

2009.02.23 (Mon) Category : Blog Author :

Googleエラー

iGoogleをいつも使ってます。ですが、ここ最近のエラーの多さ。

本日は、これ。このメッセージの出る前に、ものすごいJavascriptErrorが出まくって、やっとおちついたかとおもったら、何も表示されていないので、再読み込みしたら、今度はエラーが出なくて、下のメッセージ。

sc0001.png

?JavaScriptの設定なんていじったことが無く、何じゃこれ?です。iGoogleのページを見たらJavascriptが勝手にOFFになったのか?と疑い、設定を見ましたが、Javascriptは実行可能。現に他のページは動いてます。

以前、GoogleのAdsenceというサービスで、突然アカウントが無効にされたときに、

「われわれは、素晴らしい技術を持っています。それをもってあなたの不正を見つけることができた」

って、ありもしない疑いをかけられ、その後不正はしてないと訴えたけど、無視され続けていて、技術力に疑問は持っていたのですが、やはり便利なので使っておりました。

しかし、ここをきて、エラーが多い。

数日前は、以下のメッセージでした。

こいつもひどい。ユーザを疑ってます。自分たちの技術力の無さをお客様であるユーザ側でウィルス感染しているかのようなメッセージ。

 

sc0000.png

 

追記。技術力があるので、あなたの不正を見破った的なことを言われたので反感をもっていますが、サービスなど素晴らしいものが多く、案外と好きですよ。Google。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。