ゲームにリアルな街並みを ゼンリン、3Dデータ販売へ

いつもnavi地図で有名なゼンリンが3D地図をゲーム会社向けに販売を開始しました。

ゲームにリアルな街並みを ゼンリン、3Dデータ販売へ – 朝日新聞デジタル

リアルな街を舞台にゲームができるとリアリティが増して面白いかもしれませんね。

ということでゼンリンのホームページを見ているといろいろ面白い情報がありましたので紹介します。

○いつもNAVI API

いつもNAVIをAPIから操作できます。Google Maps APIがあるからいいやと思ってたら、そもそもGoogle Mapの地図データ提供元はゼンリンなんですね。

○AreaCutter

地図を自由にカットできるもの。色付けたり、文字を入れたり、デザインを変えたりいろいろできます。不動産屋さんなんかあるといいのかもしれませんね。年間維持費がかかるので、ずっと使い続ける方向けです。

○動態管理

スマホやタブレットのGPS機能を用いて、いまどこにいて、どのルートを走行中とかを管理できるサービス。まさに運送会社がターゲット。バスの運行もこういうので管理しているはず。


 

いつもNAVI [マップ]
カテゴリ: ナビゲーション
現在の価格: 無料

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。