2016.11.11 (Fri) Category : PHP,technology Author :

phpの<?= ?>って何?

とらねこはてな

<?=  ?>とはなんだろう。

と思い調べても、なかなか検索がマッチせずアタフタあたふた((;’∀’))

続きを読む »

2016.08.05 (Fri) Category : PHP,technology Author :

cakephpでデータを取得するには

cakephpでデータを取得するには「find」を使用します。
「find」の中身をよく忘れてしまうため、メモも含めブログに書こうと思います。


$this->Model->find(‘all’);
$this->Model->find(‘first’);

$this->Model->find(‘all’,array(‘conditions’=>array(‘Model.field’=>$value),
‘fields’=>array(‘Model.field’)));

「find(‘all’)」の場合、すべて取得
「find(‘first’)」の場合は1行のデータを取得

「’conditions’」は、検索条件
「’fields’」は、取得したいフィールド名を記入します。

2016.07.29 (Fri) Category : PHP,technology Author :

PHP:6桁の乱数を取得するには

6桁の乱数をとるには、ランダム関数を使用します。

ランダム関数は主に二つ存在します。

「rand」と「mt_rand」です。

どちらも乱数をとることができますが、「rand」より「mt_rand」のほうが4倍処理がはやいので「mt_rand」を使用することが推奨されているようです。

なので「mt_rand」を使用することにします。


$str="";
for($i=0;$i<6;$i++){
    $str.=mt_rand(0,9);
}

これで、6桁の乱数を取得することができます。

 

 

2016.06.21 (Tue) Category : CSS,HTML5,PHP,technology Author :

webで縦書きを表現する方法

CSSで対応する方法と画像に変換する方法があります。

CSSの場合は、こちらのページに書いてありました。「テキストを縦書きに表示する
http://technique.eweb-design.com/0402_tt.html

CSSにて

以下の項目を使うことで実現できます。ただし、IE限定とのことですが、最近のブラウザでは対応しているものが多いようです。

writing-mode: tb-rl;で文章を縦書きにしています。
direction: ltr;左から右にテキストを流しています。

 

ブラウザの差異を気にするようなら、画像を作るしかありません。

ということで、phpで画像に変換できるように作ってみました。

http://studio-q.link/tategaki/FireShot Capture 2 - 縦書き - http___studio-q.link_tategaki_

ゴシック、明朝体、フォントサイズ、1列(縦書きなので)に表示する文字数を指定できます。

出来たのはこんな感じ。
tategaki

詳しいコードを知りたい方は、コメントください。

 

 

2016.05.16 (Mon) Category : Blog,PHP,technology Author :

php7へのアップグレード

phpのバージョンアップスピードの速さはすごいですね。もう7です。RCも取れて現時点での最新は7.0.6です。phpのホームページにもできるだけ以前のバージョンのソースコードが動くように作られていると書いてあったので挑戦してみました。

phpのインストールには、2つの方法があります。phpのホームページより、ソースコードを落としてきて、
./configure
make
make install
という手順と、パッケージをインストールすることです。

今回はパッケージを利用することとします。php含む関連する者たちのバージョン管理が容易になるためですね。

パッケージ管理のyumでインストールすることとします。

ただ、現在のほとんどのLinuxOS(Redhat系)の参照しているyumリポジトリはすべてphpは5.4までとなっています。
そのためphp7の利用できるリポジトリを追加設定します。
一番メジャーなリポジトリがRemiリポジトリです。

remi
http://rpms.famillecollet.com/
Remi’s RPM repository

YumにRemiリポジトリを追加

Remiを追加する際にEPELリポジトリが必要となりますので、EPELとRemiリポジトリを追加します。
以下Remiをインストールすると同時にepelもインストールされますので実際にはRemiのインストールだけで大丈夫です。

以下のコマンドで一気にインストールできます。

yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-`rpm -q --whatprovides /etc/redhat-release --qf '%{version}\n'`.rpm

PHP7のインストール作業

続きを読む »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。