ゴールこそが正解

日本vsギリシャ戦。スコアレスドロー。 攻め方に問題があったのか。 選手交代に問題があったのか。 あの時違う戦術にすればよかったのか。   それらの答えは、ゴールに結びつけばそれが正解であり、 ゴールにならなければ、 どんなに素晴らしい内容で敵を圧倒していても不正解になる。 それがサッカーというものだと思います。  

スペイン敗退

ワールドカップから早くもスペイン敗退です。 いったい誰が予想出来たのだろうか。 スペインの弱体化、いや、進化が止まっていたと言うべきでしょうか。 王者は目標とされ、研究対象にされるため、 変化しないでいるとすぐに駄目になってしまいます。 サッカーは全世界が本気で戦っているので、 止まった瞬間負けていくものではないかと思います。

ドログバ1人で空気が変わる

日本vsコートジボワール戦。 ドログバ選手1人の投入で空気が変わり、 やられてしまいました。   勝負というは何が要因で決まるのかわからないものです。 日本の調子が悪く、ミスも多かったのですが、 ドログバ投入前は、コートジボワールのほうがもっとミスが多く、 チャンスはあってもゴールにならなかったのですが、 ドログバ投入後は、まったく変わってしまいました。 日本のミスは大きなミスが更に増え、 コートジボワールはミスが少なくなり、 結果、日本は負けました。  

グループリーグ突破へ危機的状況になったが

漫画にしても映画にしてもゲームにしても 「危機的状況」からどのように勝利するかが 物語を盛り上げる重要な部分となる。 スポーツはどうこういっても 身体能力(フィジカル)が高い方が有利になりやすいので、 フィジカルで劣る日本人は基本的に国際スポーツにおいて 「危機的状況」は起きやすい。   初戦のコートジボワール戦に敗戦し、 戦略としてもかなりの危機的状況。 しかし、こういう状況こそ燃えるというもの。 漫画で、主人公が負けた時に、その漫画を読むのを止める人はいるだろうか。 映画を途中で見るのを止めて映画館を出る人はいるだろうか。 (期待してたほど面白くなかった、という理由で出てく人はいるかもしれない。。) 今こそ「応援」という言葉が必要になる。  

サッカーの審判のするべきこと

サッカーはルールそのものは実に簡単です。難しいとされるのはオフサイドくらいで、 がっつり見るわけではないのであれば、 それすらもさほど気にする事ではありません。 ただ、ルールの規約として書かれている事について、毎年解釈を変えたり、 ちょっとずつ補足を加えていったりはしています。 ボールを奪う為にタックルする際に、後ろから足、とくにアキレス腱に当たるのは危険だから、 厳しくファールを取るようにしたり、足裏のスパイクは怪我する危険があるから、 足の裏を見せてタックルするとファールになるように、 ジャッジの「取り方」を変えてきました。 また、試合ですので選手は闘争心むき出しで体を当ててきます。 試合全体が冷静沈着に進めているのであれば、 多少のラフなプレイに対して笛を吹いて試合を止めるのは、進行の妨げになるので厳しく取らなかったりしますが、 このままいけば更なる危険なプレイや争いになりかねないほ […]

シード国は化け物ばかり

W杯の1次リーグ(グループリーグ)のシード国は、どれも異常な程強い国ばかりです。 今回は開催国がブラジルなので、開催国枠も驚異的な化け物ばかりの国です。 シード国になるにはその国内でスポーツの立ち位置とか文化とか、 ただ偶然に良い世代に恵まれただけではなれないものがあります。 W杯でシードになるというのは本当にスポーツと向き合えてる国ではないかと思います。 日本はまだまだスポーツにおいては遅れているのかもしれません。  

初戦が大事、2戦目も大事、3戦目も大事

W杯の1次リーグは初戦が大事と良く言われますが、 4チームの1回戦総当たりで上位2チームが勝ち抜けるというルールでは、 1試合たりとも大事ではない試合は無いです。 ノックダウン方式(負けたらそこで終わり)程ではないが、 負けるとほぼ敗退のようなデリケートな方式なんですよね。 その上で、初戦が大事、というのは、 主にメンタルの事を言っているのだと思います。 1次リーグの方式は実に見事な方式だと思います。

サッカーワールドカップ日本代表メンバー決定

ついにワールドカップ日本代表メンバーが決定しましたね。 ———— ●GK 川島永嗣 西川周作 権田修一 ●DF 今野泰幸 伊野波雅彦 長友佑都 森重真人 内田篤人 吉田麻也 酒井宏樹 酒井高徳 ●MF 遠藤保仁 長谷部誠 青山敏弘 山口蛍 ●FW 大久保嘉人 岡崎慎司 本田圭佑 香川真司 清武弘嗣 柿谷曜一朗 齋藤学 大迫勇也 ———– GKは 順当ですが、前回のように第3GKを川口選手のようなベテランにしませんでしたね。 第3GKはもっとも出番が無い為、選ばれる選手はメンタルをどこに持っていくのかが難しいと思います。 誰が第3GKなのかはまだはっきりとはわかりませんが、モチベーションを保って大会に入って欲しいですね。 DFは サイドバックは何の心配も無いですね。長友は日本が誇る世界トップクラス […]