winmail.datを開く

TNEF(Transport Neutral Encapsulation Format)
Microsoft Exchange および Microsoft Outlook メールクライアントがリッチテキスト形式(RTF)のメールを送信する際に使用するフォーマット。

このTNEFというものが厄介です。

メールは、テキストだけだと問題ないのですが、添付ファイルは、すべてTNEF化されてしまうようなのです。TNEFは、Winmail.datというエンコードされたファイルにされて、メールに添付されるのです。添付ファイルはさらにその中に存在することになります。

で、このTNEFを扱えるライブラリってないのかな?とおもったけど、やはり、Microsoft独自?専用?なために、なかなか見つかりません。

環境は、Microsoft Exchange。

このExchangeが困った原因です。メールを送信するときにOutlookでテキスト形式を選択しているのに、リッチテキスト(TNEF)となってしまうようなのです。

どうやら、Exchangeの設定で、自動でTNEF化する設定を推奨しているようなのです。Microsoftが。まいったものです。

以下、まだ試してませんが、OpenSourceのライブラリがありました。

http://kb.mozillazine.org/index.php?title=Winmail.dat_attachments&printable=yes

カテゴリー: Blog

コメントを残す