賃貸物件の敷金を全額取り戻す方法

退去時のトラブル。現在朝日新聞で特集されています。賃貸物件の敷金について。

関西地方、九州地方では、「敷引」という特約が商習慣として存在するそうです。

「退去時の返還金=敷金-敷引」となり、ほぼ全額の敷金が返却しない仕組みとなっているようです。

最近は、敷引はおかしいということで、裁判事例もありますが、半額程度戻ってきます。そもそも最初の契約書に「敷引」という項目があること自体、おかしな商習慣ですね。礼金でいいんじゃないのかなと思いますけど。

敷引を賃貸契約書に書かれた場合は、ちょっとわかりませんが、知人の話によると、

とある企業では、敷金3カ月の物件を借りていたとして、退去日が決まっていれば、その3か月前から家賃の支払いをしないそうです。

敷金とは、本来、家賃の補てんとして使われるものであるので、ちょうど使いきったときに退去するわけですね。

これで確実に全額使い切りです。

そのあと、クリーニング代の請求とかあった場合でも、著しいものでなければ、生活の汚れとして支払う義務はありませんので、弁護士にお願いしてささっと処理してもらうそうです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。