社長にならない方がいい

「宋文洲の会社員哲学(2)社長にならない方がいい」

www.yukan-fuji.com/archives/2008/03/post_13345.html

社長は会社に数十年も勤めてから、なるものではありません。なりたいならば、若いうちに会社をやめて、自分の会社を作って早くなった方が良いと思います。

社長業は、体力が必要。たしかにそのとおり。ご年配になられた方で、会社を立ち上げられた方を見ていると、私よりも体力があるように感じられます。

もうひとつ。

「宋文洲の会社員哲学(7)「家族サービス」をやめよう」

http://www.yukan-fuji.com/archives/2008/04/post_13798.html

ちょっとタイトルから感じることと内容が違ってますが、

忙しさを自慢する人の多くは仕事の遅い人たちです。

まさにそうですね。忙しいという言葉を発する、感じることで、自分自身で、いまは忙しいからほかの事をしなくていいんだと、自分のだらけた気持ちを肯定させてしまうわけですからね。

なぜ忙しいのか。その本質は、自分の見積もりのあまさ故のこと。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。