2013.04.10 (Wed) Category : Blog,Others Author :

iOSアプリ申請時に商標権の問題でRejectされた場合の対応(EU圏のみ)

iPhone/iPadのiOSアプリ申請時に商標権でリジェクトされることが増えてきました。ちゃんとチェックするようになったことはいいことですが、気軽に名前など使えなくなってきました。どこで商標権に絡むことがでてくるかわかりません。

今回は、弊社では、ドイツの会社が商標権を持っているということで、Rejectとなりました。

Rejectされた時のメッセージは以下。

「We found that your app contains features that may infringe on rights owned by [会社名] in [国名], which is not in compliance with the App Store Review Guidelines.」

[国名]がEU加盟国であれば、EU全体に影響がでてきます。

その商標登録された名前を使わないように修正してもいいですが、そもそもその地域で販売しない、というのが一番早く対応できます。

EU加盟国を販売対象としないための設定方法は、、appStore内での[Rights and Pricing]でできます。

以下のリストを参考にして、リスト内の国はチェックを外すことで販売から除外できます。

(2013/04/10現在のEU加盟国でappStoreがある国リスト)

国名 AppStoreでの国名表示
エストニア Estonia
キプロス Cyprus
ポルトガル Portugal
デンマーク Denmark
ポーランド Poland
アイルランド Ireland
ギリシャ Greece
リトアニア Lithuania
ルーマニア Romania
オランダ Netherlands
マルタ Malta
スペイン Spain
ドイツ Germany
オーストリア Austria
ハンガリー Hungary
チェコ Czech Republic
スウェーデン Sweden
スロバキア Slovakia
イギリス United Kingdom
ラトビア Latvia
フランス France
イタリア Italy
フィンランド Finland
スロベニア Slovenia
ブルガリア Bulgaria
ベルギー Belgium
ルクセンブルク Luxembourg

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。