2013.12.26 (Thu) Category : ゲーム Author :

その強さがあれば、全てを守れると思った

昔っからゲームや漫画が大好きなわけです。

というのも私は4人兄弟末っ子で、
姉・兄1・兄2の兄弟がおりましてですね。
中でも兄2に受けた影響というのが大きいのかなーなんて思ってます(・ω・)

兄ちゃんがやっているゲームを横でみる時間、
兄ちゃんが出かけているときにゲームを占領できる時間、
そのどっちもがすごくうれしくて楽しかったのを今でも思い出せます( ´ ∀ ` )

そんな私が一番好きなゲーム。
幻想水滸伝2

幻想水滸伝2(ベスト)
この作品が今年で発売15周年記念を迎えました。すごくおめでたい!!

幻想水滸伝というゲームは名前を聞いてなんとなく想像がつくかもしれませんが
中国の奇書、水滸伝がモチーフになっています。
といってもキャラクターに類似性があるかと言われれば1以外はそんなにないらしいですがねw

幻想水滸伝は、ナンバリングタイトルとして【1~5】、
その他に2のスピンオフとして【幻想水滸外伝vol.1、2】、
4のスピンオフとして【ラプソディア】、
更にナンバリングではないものの【ティアクライス】、【紡がれし百年の時】といったタイトルで
ソフトが出ております!!
あ、あとカードストーリーズなんてのもあったかな・・・。

その中でも2がオススメです本当にオススメです。
友人とゲームの話なんかになると必ずと言っていいほどオススメしてます。

どんな話か少しお話すると、
帝国と同盟軍が争う時代。
親友と姉との平和な生活を求めて帝国の少年部隊に務めていた主人公が、
自軍から裏切られ、追われ、親友とも道を分かち、大切なものを増やし、失い、選び、進んでいく。
この主人公はとある切っ掛けで同盟軍のリーダーになり
かつて自分たちを裏切った帝国と戦い、平和を求めていく・・・といった感じでしょうか。

ただ戦って終わり、ではなくて本当に出てくるキャラクター1人1人が魅力的です!!
主人公を支える姉や、力強く導く戦士、時には残酷な判断をも薦める軍師、
戦闘をするだけではなくアイテムを打ってくれたり食事を作ったり、果てはお風呂を設置してくれる仲間なんかもいますw
108人の個性色濃い仲間たちを集めていくのも楽しみの一つですね!
ちなみにムササビも仲間になったりします。

よく言われるのは「えっ、108人もいんの。全員集めなきゃなんないの・・・?」という言葉です。
まぁストーリーをクリアするだけなら仲間を全員仲間にする必要は無いんですけどね!
このゲームマルチエンドなんですよね^^
1週目は何も知らずにクリアしてそのあとに色々調べて、
条件を満たすと○○○が○○○○てその上○○○○とも○○できるなんて知らなくてものすごく感動したわけですよ・・・

仲間を集めることによって本拠地も盛り上がって、
ミニゲームが増えたり、仲間一人一人のサイドストーリーがほんのり見えてきたり・・・
ほんとうにやりごたえのあるゲームだなーと今でも思います(✿ ◜◒◝ )

そして印象深いのは
その強さがあれば、全てを守れると思った
というゲームのキャッチコピー。

戦争をする国同士、その渦中に置かれる少年のストーリーにこのキャッチコピー。
すごく想像を掻き立てられる一言だと思います。

発売から15年経ったとは思えないほど、私の中では鮮やかに強く残るゲームです。
本当に語りつくせないほどまだまだ魅力はあるのですが、
上手くまとまらない上にすっごく時間がかかりそうなので今日はこの辺でw

1と2を1つにまとめたPSPソフトも発売されているので興味を持っていただけたら
是非やってみてください!!!! (:3 )===3

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。