2008.10.15 (Wed) Category : Blog Author :

5.1チャンネルとは?

日経NETWORKの2008年10月号を読んでて、「デジタル・テレビまるわかり」という記事があった。

ちょっと驚いたのは、地上波デジタル放送、いわゆる地デジ(フルセグ)の映像(映像符号化方式)は、MPEG-2 Video方式なんだと。ちょっとびっくり。Blu-rayにも使われているH.264が使われていないそうで。

だけど、ワンセグは、MPEG4のH.264コーデックによるエンコードされたデータが送られているとか。地デジもそうすればよかったのにとおもった。

さておき、タイトルに書いたとおり、地デジは音声は、5.1チャンネル可能とのこと。そこで、5.1チャンネルってなに?アナログ放送は2チャンネル。これは、右と左の音声、いわゆるステレオ。

じゃ、5.1って?

知ってる限りですが、

  1. フロント右スピーカ
  2. フロント左スピーカ
  3. リア右スピーカ
  4. リア左スピーカ
  5. センタースピーカ

と、ここまで、5個。あと0.1個。??0.1個ってどういうことよ!って、もしかして、ウーハー?

調べてみたところ、まさに、そのとおり。ウーハースピーカーというらしい。低音のみ担当ということで、1カウントせず、0.1カウントってことらしい。納得。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。