2010年リスクの高いドメイン発表!!

リスクの高いドメイン?
sonohoka_kiken_3d.jpgセキュリティーツールを提供するマカフィーが、2010年10月27日に発表しました。
※毎年報告しているようです。

調査対象は2,700万以上のサイトを対象。

 

http://www.mcafee.com/japan/security/MTMW_Report_2010.asp
こちらでレポートをダウンロードできます。

これらのドメインですが、そのドメインの国が怪しい、とかそういうものじゃありません。ほとんどのドメインは、だれでも取得できます。取得のしやすさで、上位を占めているものと思われます。

.co.jpは、比較的安全といわれています。維持費用が高額であることと、取得時に会社の登記簿謄本が必要だったりとちゃんとその会社が存在するか確認して取得をするようにしているためです。

発展途上国の多くは、ドメインの管理そのものを他国の企業に任せていることと、国と全く関係ないサイトで合ってもドメインを提供している現状です。

最近では、有名企業のドメインに似たドメインを詐欺目的で取得しているケースがあります。詐欺サイト(フィッシングサイト)ですね。
ドメイン名も本物にかなり似た名前になっており、さらに、ページ内容が本物そっくりに作られています。常にアドレスを見ながらWEBを見ていなければ、本物かどうか見分けがつきません。

そういうリスクを考えると、やはり、ちゃんとウィルス対策は必要ですね。

security対策は万全にしましょう。

 

カテゴリー: Blog

コメントを残す