買ってはいけないインスタント食品 買ってもいいインスタント食品

「買ってはいけないインスタント食品 買ってもいいインスタント食品 ~カップめんからレトルト、冷凍食品まで~ (だいわ文庫)」

インスタント食品の代表といえばカップラーメン。

発泡スチロールの容器に熱いお湯を入れると、発がん性のあるスチレンがppbレベル(ppbは10億分の1を表す濃度の単位)で溶けだすことがわかっています。

とのこと。WHOが定めたり日本独自だったりする基準値。基準値以下なので大丈夫です、ということのようです。

インスタント飲料にもいろいろ。

アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物とアセスルファムK(カリウム)。

頭痛やめまい、不眠、視力・味覚障害、脳腫瘍や白血病、リンパ腫などを引き起こす可能性があるとのこと。

アセスルファムKは、妊娠したネズミ実験では、消化されず胎児に移行されるとのこと。

怖い怖い。

妊婦の方は要チェックですね。
また、放射線量とかセシウムだとか、基準値以下でもゼロじゃないわけだから、そういうの気になる方はとくにチェックしておこう。

とはいうものの、インスタントラーメンはうまいです。とくに最近の生めんっぽいやつ。中でもまるちゃん生麺はほんとうまい。でも今後は控めでいいこう。。。

1 thought on “買ってはいけないインスタント食品 買ってもいいインスタント食品

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。