2014.08.06 (Wed) Category : Blog Author :

慣性の法則

慣性の法則

物体に外部から力がはたらかないとき、または、はたらいていてもその合力が0であるとき、静止している物体は静止し続け、運動している物体はそのまま等速度運動を続ける。

慣性の法則を使うとゲームの面白さが増します。

※最近の開発言語においては物理演算が利用可能になっているものが多く慣性の法則を取り入れることが容易となってきました。主要な開発言語としても、Unity、cocos2d(cocos2d-x)は古くから対応してます。

最近でヒットしたものといえば、フラッピーバード。制作者がこのゲームは中毒性が高いということで公開を中止するほどヒットしました。ただし、日本ではそれほどウケてません。

コンピュータの計算によって慣性の動きが作られているんですが、この動きをなかなか人間はコントロールできません。そこが非常に難しさとなるわけです。でも、やっているうちに慣れてきて高得点が出るようになる。どんどん上達してさらに高得点が出る。それに喜びを感じ、「ハマる」わけですね。

蹴玉学園 りふてぃんぐ
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: 無料

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。